同僚の女の子は味方?ライバル?

仕事をするとき先輩や同僚の人たちと一緒に働くのは風俗のお仕事でも同じです、しかし、普通の会社やショップで働くときと同じように、周りの人たちとの人間関係が難しいのも、風俗のお店で働く女の子だって同じことです。

 

一見すると風俗のお店で働く女の子同士はライバル関係で、どれだけ男性客の指名が取れるか、周りの女の子たちと競争しているようなイメージを持っているかもしれません、でも、実際はライバル心むき出しのギスギスしたところはなくて、ほかのアルバイトやお仕事をするときと同じように、お互いに助けあって働いていることが多いんです。

 

「風俗の仕事ってお金になる代わりに、ストレスがハンパないんじゃないの?」と思ってしまいがちですが、まるでサークルの延長のような気分で楽しく仕事をしている女の子が多いんですよ、また、仕事を離れたプライベートな時間も中の良い同僚の女の子と一緒に遊びに出かけたり、お買い物に付き合ってもらったりしていることも多いんです。

 

「今日お店が終わったら遊びに行かない?」と、友達感覚でお付き合いしながら、仕事の話をしたりすることが彼女たちのストレス解消法にもなっているんです、風俗以外のお友達や知り合いに自分が風俗嬢としてお仕事をしていることはなかなか打ち明けられないものですから、同じお店で働いている女の子同士のお付き合いは大切にしていきたいものですね。

 

ただし、いくら仲良くお付き合いしている女の子でも、自分を指名してくれている男性客を横取りしたりするのは風俗の世界では絶対にやってはいけないルール違反ですから、たまたまその女の子がお休みをしている時に来店した男性客の接客をするようでは、無用なトラブルのもとになりますからいくら指名がほしいからと言っても絶対にやめておきましょう。

 

また、風俗のお店によっては在籍している女の子たちの毎日の売上を集計して、控室などの張り出しているところがあります、これは女の子同士で競い合って売上を伸ばしてもらいたいという意味で行っていることですが、もちろん、ナンバーワンの風俗嬢を目指している女の子にとっては、ほかの女の子の売上を何とか抜いて自分がナンバーワンになりたいと思うのは当然です。

 

ただ、あまりにも露骨にフリー客の指名を独り占めしようとしたり、ほかの女の子が接客した男性に営業メールを送ってしまうのは、女の子同士の揉め事になるのでやめておきましょう。

お店をやめるときの注意

これから風俗のお仕事で頑張ろうという女の子に、「風俗のやめ方」についてご紹介するのはちょっとどうかな、と言う気がしないでもありませんが、実は、風俗のお仕事では始める時と同じかそれ以上にきちんと風俗の仕事をやめることって大切なんです。

 

風俗の仕事を始める時には面接を受けて採用されることが大切でしたが、風俗のお店を辞めて元の生活に戻るためには自分が働いていた風俗店の店長や担当者にきちんと連絡しておく必要があります、なんの連絡もなく出勤しなくなった場合工学の罰金を請求されてしまうこともありますから注意してください。

 

これは風俗のお店が風俗嬢の女の子に辞められると困るから、わざとイジワルしているわけではなくて、男性客が来店してきた時に風俗嬢の女の子の数を確保しておかなければいけないので、お店を辞める女の子がいると新たに求人を出して働いてくれる人を募集しなくてはいけなくなるからなんです。

 

風俗のお仕事をしたことのない人の中には誤解している人がいるようですけど、基本的に風俗のお店は一度入店した女の子が辞めたければ無理に引き止めるようなことはしませんから、風俗の仕事が自分には向いていないとか、風俗の仕事を続けるのが難しくなってしまった、などの理由でお店を辞めようと思ったからと言って、そのために不利な扱いを受けてしまう心配はありません。

 

それどころか風俗店の店長やスタッフたちは、風俗の仕事は短期間でガッツリ稼いだら、いつまでも風俗の仕事なんか続けられないからできるだけ早く辞めたほうが良いと言っている人が多いんです。

 

風俗のお店に新人の女の子が入店するときには、面接で「どれくらいお金がほしいのか」とか「どんな理由で風俗の仕事を選んだのか」と言う個人的な事情を聞かれたことがあると思いますが、これも自分の目標をしっかり持って頑張って欲しいからという気持ちから行っていることです。

 

風俗のお店を辞める時が来たら、自分勝手に辞めてしまうのではなく、最低でも三ヶ月前にはお店の担当者などに連絡しておきましょう、その間に風俗のお店では次の新人風俗嬢として働いてくれる女の子を探すことになりますから、お店を辞めようと決意したらすぐにまわりの人たちに相談してください。

 

風俗のお店では辞めてしまう女の子が、それまでの指名客を連れてほかのお店に移動してしまうことを禁止しているところが多いので、一度風俗のお店を辞めてほかの風俗店で働くときには、自分を指名してくれていた男性客に「今度は**店で頑張るから遊びに来てね」と誘うようなことはやめておきましう。